CATEGORYラ・フランス

最高品質のラ・フランス

洋梨の女王
山形のラ・フランス

山形が育んだ最高品質のラ・フランス

フルーツ王国山形が育んだ最高品質

フルーツ王国山形が誇る、香りよい果物「ラ・フランス」。
「洋梨の女王」と呼ばれるラ・フランスは高貴な香りと驚くほど上品でとろけるようなおいしさです。

山形県は、西洋梨「ラ・フランス」生産量が全国第1位。全国生産量の約80パーセントを占めています。その理由は豊かな土壌と昼夜の温度差が大きい独特の気候。山形で育ったラ・フランスは、ぎゅっと密度が高く、しっかりとした果実が特徴です。

山形県では、美味しく食べ頃に近い「ラ・フランス」をお届けするため、毎年「統一販売開始基準日」を設定し、その日に合わせ出荷するという徹底した品質管理を行なっております。

おいしさの秘密
「予冷と追熟」

低温処理や追熟促進処理と追熟

ラ・フランスの「予冷と追熟」とは…

ラ・フランスは収穫されるとすぐに「低温処理」や「追熟促進(エチレン)」処理し熟度を揃えます。その後、産地において室温で一定期間追熟を行い、食べ頃が近くなってから出荷しています。

「予冷」とは低温冷蔵庫に入れ果実の呼吸を抑制することを言います。ラ・フランスを常温に戻すと、一斉に呼吸しはじめデンプンを糖分に変化していきます。「予冷」と「追熟」のプロセスによって美味しさがうまれます。

ラ・フランスを美味しく楽しむ

このように「ラ・フランス」は食べ頃を逆算し発送日を決めています。輸送時の痛みは完熟に近づくほど損傷しやすくなるため、輸送に耐えられるぎりぎりの発送日を割り出して出荷しています。

保管環境により、追熟の速度が変わってきますので、状態を良くご確認いただき、完熟のトロトロっとした舌触りの「ラ・フランス」を是非、お召し上がりください。

ラ・フランスの「食べごろ」

「食べごろ」は、てっぺんの「シワ」!

ラ・フランスは、他の西洋梨と違い「皮の色」がほとんど変わらないでの、「食べごろ」の判断がとても難しいフルーツです。食べ頃を判断する目安として参考にしてください。

見極めるコツは、お届け後に食べごろになるまで「常温」で保存することです。保存場所の温度により追熟の速さが変化しますので目安として参考にしてください。(温かい場所では追熟が早く進みますのでご注意ください。)

収穫した時は、軸が新鮮で「シワ」がありません。食べごろになると、軸がしおれてきて、軸の周りに「シワ」がはいります。また段々と香りが強くなります。(「シワ」が見えにくい場合もあります。)
このタイミングで軸の周りを軽く押して、ほんの少し弾力を感じれば「ラ・フランス」を美味しくいだけるサインになります。(お店では押さないでください。傷みの原因になります。お店の方に食べごろをお聞きください。)

表示件数:1~2 / 2

CONTENTコンテンツ

CALENDARカレンダー

2022年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • 定休日